« 2012春・九州新幹線とサンライズ出雲の旅1816.3 km(1日目 4/12) | トップページ | 乗りつぶしマップ »

2012/04/14

2012春・九州新幹線とサンライズ出雲の旅1816.3 km(2日目 4/13)

4月13日(金) 1376.1 km
博多→7:27/JR福北ゆたか線/8:40→直方
直方→8:46/JR福北ゆたか線/9:34→若松
若松→/徒歩14分/→若松港
若松港→10:03/北九州市・旅客船/10:06→戸畑港
戸畑港→/徒歩9分/→戸畑
戸畑→10:16/JR鹿児島本線快速/10:23→小倉
小倉→10:27/JR鹿児島本線/10:41→下関
下関→11:12/JR山陽本線/12:19→新山口
新山口→12:53/JR特急スーパーおき4号/16:13→出雲市
出雲市→/徒歩5分/→電鉄出雲市
電鉄出雲市→16:35/一畑電車北松江線/17:32→松江しんじ湖温泉
松江しんじ湖温泉→17:47/一畑電車北松江線急行/18:32→電鉄出雲市
電鉄出雲市→/徒歩5分/→出雲市
出雲市→18:55/JR寝台特急サンライズ出雲(個Bシングル)/6:44→横浜



昨晩の夜更かしが少々こたえるが、無事起床。せっかくなのでもう一度温泉に浸かってくる。
荷作りと身支度を終えて、チェックアウトと朝食。簡単なバイキング+卵料理。卵料理はキッシュを選択。朝早いせいか、バイキングの乱れもなく、なかなかよかった。
Sh3l0177

駅は意外と遠くて、発車までの余裕は2分ぐらいしかなかった。危ない。数少ない空いた席を見つけて座って、眠る。終点までなので安心。目が覚めたらだいぶ空いていた。終点の直方(のおがた)でほとんどの人が同時に乗り換え。なぜ直通でないのか観察したところ、どうやらここから非電化のようだ。
Cimg2682

次も終点まで。なんかおもしろい経路の発見はないかなぁと思いながら、普段使わない乗り換えソフト「エキモ」を使ってみたところ、何やら所要時間が短いルートが出る。むむ?船だ。それもたったの3分。路線図を見てなるほど。若松(わかまつ)から戸畑(とばた)は海を挟んで真向かい。おもしろそう!EZナビで検索しても出なかった。無理に「若松港」とか入れると、とんでもない遠回りルートが出て若干不安になるが、まぁ大丈夫だろう。若松駅で駅員さんに聞こうかと思ったけど「→渡船場方面」って書いてあったので、大丈夫と決めて歩き出す。14分ほど所用。
Sh3l0179

Sh3l0180

Cimg2699
ダイヤ通りに船は来た。100円!自転車の人が2、徒歩の人が5ぐらい。楽しい!本当にわずか3分で対岸の戸畑に到着。船や港の写真を撮っていたら自転車のオジサンに声をかけられた。
「どっからきたの」
「神奈川県です」
「横浜かね」
「いえ、川崎です」
「親戚の家かなんかあるの?」
「いえ、ただ鉄道に乗りに」
「・・・(笑) ここは田舎だろ」
「いえ、いいところですね。好きです。」
「そうか?神奈川より好きか?」
そんな比較できません~。
「それぞれにいいとこありますよね」
とか言って適当にお別れする。

はて?駅はどっちだ?ここで時間をロスしたくないので素直に港のオジサンに質問したら、とっても丁寧に教えてくれた。おかげさまで予定より一本早い鹿児島本線に乗れた。

小倉、門司、門司港、下関の位置関係がよくわからず悩むが、どうも門司港に行ってはいけないらしい。小倉で下関行きに乗り換えて九州とさようなら。

ここからの山陽本線は初めて乗る区間。ホントだったら、2年前の寝台特急「富士」の旅で東京→大分ルートで通ってるはずが、遅延して新山口から小倉まで新幹線に乗る羽目になったのだ。

ということで、新幹線ではなく在来線ルートで新山口まで向かう。わくわくするような乗り換えはもうなさそうだから。帰路に着いた感あり。岩国に行ってしまわぬよう、アラームをかけて眠る。

新山口で無事に下車。駅弁とビールを購入。この旅で唯一の駅弁、かしわめしに決定。

Cimg2742

Grl_0075

スーパーおき、2両編成。運転席近くの席の眺めがすばらしいと聞いたので、指定席の1号車1番Aを取っていた・・・が、違う、これは最後尾ではないか。軽くショックを受けつつ、ウロウロしていると、いちばん眺めのいい2号車15番Aが自由席で空席である。え?しかも車内はかなり空席がある。これは移ってもいいだろう。ということで、指定席券があるのに自由席に座ってしまった。

ああ、幸せ。どうしてこんな良い席が空いたままだったんだろう。
Cimg2749
そこから3時間強の旅、正面の車窓を独り占めいたしました。

出雲市に来たのはサンライズ出雲に乗るため。それまでの2時間はバタデン(一畑電車)に乗る。松江しんじ湖温泉まで行って帰ってくるだけ。出雲大社に行くという案もあったのだけど、前に2度ほど行ったことあるし、まあいっかな、と。スーパーおきの中で、松江しんじ湖温泉で折り返さずに済む案をいくつか考えた。JR松江と近いはずだから、何とかなるに違いない。ただ、なんとなく確証が持てず、脳みそが活動しなくなったので、諦めて、当初案のまま折り返すことに決定。

往復切符を買って写真撮影して、黄色い電車に乗る。2年ぐらい前に中井貴一主演のRAILWAYSという映画があって、なかなかいい映画だったけど、その舞台がバタデンだった。
宍道湖はでかかった。あと、なんとかイングリッシュガーデン前という、名前の長い駅があった(前に長い駅名のニュースで見た記憶あり)。

Sh3l0189

Cimg2763

そんなこんなを考えながら、雨模様の車窓をぼんやり眺めつつ、睡眠。松江しんじ湖温泉駅では、もしも出雲市で駅弁が買えなかった時のために、スナック菓子を買う。

帰路も雨模様でぼんやり。出雲市駅に戻ってきて買い物。サンライズ出雲は車内販売も食堂車も無く、自販機もごく限られたソフトドリンクだけなので、どのぐらい買って乗るかいつも悩む。駅弁は唯一残っていた焼き鯖寿司に自動的に決定(好物だから問題なし)。他にビール350ml×2缶、水500mlを購入。

Pap_0001
サンライズに乗り込んで、大きな荷物をまず自分の個室に入れてロック。写真を撮りつつ、別のタイプの部屋チェック。結論は、「シングル」がいちばんコストパフォーマンスよさそう。「ソロ」はちょっと狭い。上段と下段では、意見が分かれるかもしれないけどわたしは下段が好きかな。今回確認のため上段にしてみたが、やっぱり窓ガラスの湾曲が気になる。
今日はガラガラのようす。途中から乗ってくるのかな。
Cimg2779

車掌さんが検札に来たのでシャワー券を購入。一番乗り目指して、早めに入る。シャワー途中で駅に止まるのは何となくイヤなので松江を過ぎたところでGO!
無事に6分間のお湯でシャワー堪能した。床乾いてて、髪の毛一本落ちて無いというのはやっぱりいいですねぇ。

さっぱりして個室に戻って缶ビール開けて一人乾杯。駅弁食べて、することなくなってしまう。あとは帰るだけだからつまんないなぁ。次の旅の計画でもするか。とか思っているうちに、爆睡。
Grl_0069
兵庫県の次は静岡県だった。偵察に行くと、部屋は8割程度埋まった様子。ここまで来たら横浜まであと少し。旅の終わりはいつも淋しい。
Sh3l0200

|

« 2012春・九州新幹線とサンライズ出雲の旅1816.3 km(1日目 4/12) | トップページ | 乗りつぶしマップ »

コメント

サンライズ出雲かぁ。会社帰りに横浜の手前当たりで下りの電車と並走することとかあって、旅に出たくなるのよね~渡し船もいい感じでした。今朝帰ってきたのね。お疲れ様!

投稿: Yacchio | 2012/04/15 00:05

サンライズはいいよ。ぜひ旅にお出かけください。

今日オケの練習に行ったら「若松行っても何もないでしょ」って言われたけど、「何か見に行ったわけでもないし」と笑っておきました。本当に何が楽しくて旅しているんだか>自分。気晴らしになったようなならないような微妙な旅でした。

今度はもうちょっと風光明媚なところに行こうかな。

投稿: MOCHA | 2012/04/15 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012春・九州新幹線とサンライズ出雲の旅1816.3 km(1日目 4/12) | トップページ | 乗りつぶしマップ »