« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »

2011/12/11

2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(まとめ)

2011秋、10/7~10の北斗星とはやぶさの旅2,863.8kmの記録です。

Gps


2011/10/7 1,214.7km
上野→19:03/JR寝台特急北斗星(個AツインDX)/11:15→札幌

2011/10/8 240.2km
札幌→12:00/JR特急スーパーカムイ17号(指定席)/12:23→岩見沢
岩見沢→12:52/JR室蘭本線/14:15→苫小牧
苫小牧→14:18/JR特急すずらん5号(自由席)/15:06→札幌
さっぽろ→15:24/札幌市営南北線/15:42→真駒内
真駒内→15:50/札幌市営南北線/16:08→さっぽろ
札幌→16:44/JR快速エアポート161号(指定席)/17:16→小樽
小樽泊

2011/10/9 419.1km
小樽→8:07/JR函館本線/11:13→長万部
長万部→11:30/JR特急北斗8号(自由席)/12:51→函館
函館→13:56/JR特急スーパー白鳥34号(自由席)/14:33→木古内
木古内→14:44/JR江差線/15:51→江差
江差→16:16/JR江差線/17:22→木古内
木古内→18:10/JR特急スーパー白鳥27号(自由席)/18:53→函館
函館泊

2011/10/10 989.8km
函館→10:40/JR特急スーパー北斗7号(自由席)/11:15→森
森→12:00/JR函館本線/13:26→函館
函館→15:55/JR特急スーパー白鳥40号(グリーン)/17:56→新青森
新青森→18:14/JR新幹線はやぶさ6号(グリーン)/21:24→東京
帰宅

計 2,863.8km

| | コメント (2)

2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(最終4日目 10/10)

函館→10:40/JR特急スーパー北斗7号(自由席)/11:15→森
森→12:00/JR函館本線/13:26→函館
函館→15:55/JR特急スーパー白鳥40号(グリーン)/17:56→新青森
新青森→18:14/JR新幹線はやぶさ6号(グリーン)/21:24→東京


7時少し前、目を覚ましてすぐ、ホテルの温泉に入ってほっこり。そして函館の朝市に向かう。

今日のお目当ては、昨日見送った「うにむらかみ」。有名な店らしい。店構えはかなりきれい。「準備中」の札が出てるので、「あれ?準備中だって」と声に出すと、隣のお店のお姉さんが「やってますよ」と教えてくれる。お礼を言って店内に。待たずに座れたが他には空席なし。ラッキー。

考えた末、ウニ・イクラの二色丼。飽きもせずよく食べますな。隣の人が「朝採れイカの刺身」と頼むのを聞いて、すかさずこちらも追加オーダー。

最初にホットペッパーのクーポンでもらえる「ウニの佃煮」。なるほど。ウニの佃煮だよって味で、ご飯が進みそうな食べ物。

Cimg1840次に朝採れイカの刺身。ショウガ醤油でいただく。

すぐに二色丼。あれ?ご飯が見えてる。見本と違うよ~。でもその隙間はイカを乗せて食べるのに使う。ああ、かなり幸せ。何の不満もない。
Cimg1841

満腹になって朝市をぶらぶら。
「カニいかがですか」
「何かお探しですか」
「いいカニありますよ」
と盛んに声をかけられるが、見てるだけ。ごめん。

うっかり新巻鮭をじっと見たら「どうですか?」という声に「さばけないから無理」と答えたら「さばくよー」と言われてしまった。下手ないいわけはダメである。

Cimg1844イカの釣り堀があった。曲がった針に引っかけて釣り上げると、その場ですぐさばいて、お皿に載せて出してくれるもの。およよー。かなりの人気。見物しただけで満足。

何も買わずホテルに戻り荷造りし、チェックアウト。

Cimg1865函館駅のコインロッカーに荷物を預けて、今度は函館本線の砂原支線とやらを乗りつぶし。まず特急スーパー北斗、8両編成。かなり混雑。中国人観光客多し。そしてその多くは大沼公園で下車。それってそんなにいいところなの?知らなかった。

Cimg1874森駅で下車。森駅名物「イカめし」を買って食べる。小さくてよかった。

戻る列車は鈍行。砂原経由の一両編成。ワンマン。盗る国もないので、だらだらと睡眠。しかし、この路線、ちょっと謎?大沼駅で合流したかと思いきや再び分岐して、マイナーな経路の方だけに仁山、渡島大野の2駅がある。よく残ってるなぁという感じ。

Gps2

さて、函館に戻ってきた。町歩きの後、塩ラーメンを食べる予定だったが、雨模様。ビニール傘を買ってみたが、かなり激しい降りで、ズボンと靴がビショビショになったので断念。こんなときは屋内で飲むのがいちばん、ということで、きくよ食堂へ。まず近いところで「朝市支店」に入ろうとしたら「すみません、掃除はじめちゃったんです。でもいいですよ、雨ですし。」という返事。うーん。あまり入って欲しくなさそうなので、「いいです」とお断りし、同じきくよ食堂の「朝市本店」=昨日入った店へ。快く入れてくれたのはいいが、生ビール、イカソーメン、サバの刺身を頼んで食べ始めたところで「すみません、2時で閉店なんですよ」と言われる。えーーーー、ひどいじゃないか。最初に言ってくれよ。
「うわ。わかりました。すぐ注文するのでちょっと待ってください。」
と答えて、銀ダラ焼きと厚焼き卵。ああもっと食べたいものあったのになぁ。

Cimg1918Cimg1921Cimg1919

その後、ビールの注文は受け付けてくれたので、シャッターが閉められても、おかずを食べ終わるまでは飲み続けることができた。

さて、列車出発まではまだ少し間がある。当初予定の「塩ラーメン」を決行せねば。事前調査をしていなかったが、目に付いた店「星龍軒」を食べログでささっとチェックして入店。あいにく満員だったが一分もたたないうちにカウンター席が空いて案内された。そのあとは絶えず数名の待ち行列があった。

さて、まずビール、餃子、ザンギ(鳥の唐揚げ)。んまいっす。そうこうするうちに「そろそろスープが終わるから…」という発言が厨房のオジサンから。そりゃいかん、と思って、「塩ラーメン」をオーダー。少し後にのれんがしまわれた。セーフ。

Cimg1924_2塩ラーメンは魚(なんだかわからぬ)のダシがしっかり効いたさっぱり系のもの。満足だけど、完全に食べ過ぎだ。酔ってるし。

ゴキゲンな感じで駅に向かう。あとはお家に帰るだけ。ちょっと遠いけど。

来たときは寝台特急が終わって淋しかったけど、帰りには「はやぶさ」というお楽しみが待っている。

まず函館から新青森まではスーパー白鳥。かなり混雑。混雑のため車内販売が動けないとお詫びのアナウンスあり。

さて、国盗り。対岸の「むつ」を盗るのだ。この列車はコンセントがあるから携帯は充電し放題。ダメもとの気持ちで、海岸沿いで「国盗り」ボタンを繰り返し押す…と、釜谷と泉沢の間で盗れた!すっごく嬉しい。
(よく考えると昨日もここは通ったのだが、サボっていたようだ)

これで、今回の国盗りは全部終了。とりこぼしゼロ。

安心して眠っているうち、列車は青函トンネルの中にいた。長い長い。スーパー白鳥はテロップ(?)があるので、「第四浜名トンネル」「第三浜名トンネル」とか出る。おもしろーい。北海道側でも同様に出ていたかどうかは、眠っていたので不明。

そして列車は新青森に到着。在来線改札でわたしの大事な「日本鉄道旅行地図帳 北海道」を預かっていただいているはず。名乗ると「お待ちしておりました」と丁寧な応対。受領証みたいなの書いて、お礼を言って引き取り。ああ嬉しい。JRの方々、ありがとうございます。

さて、帰路のメインイベント「はやぶさ」。ホームに上がると、既に入線していた。緑色の車体。美しい。急いで先頭車両まで行って、撮影。顔が長すぎて入りきらないぐらい。あああ、いいですなぁ。

Cimg1937

そしてグランクラスを窓から覗き見。乗りたかった!

グランクラスは取れなかったけど、グリーンを取っていたので、かなり快適な帰路。アテンダントのお姉さんがおしぼりくれるし飲み物サービスだし。コンセントあるし、イスの足元が上がるし、読書灯あるし。すばらしい。

新青森~盛岡までほとんどトンネル。これは国盗りには難ありだが、取得済みなので問題なし。あとは仙台、大宮に停車。本当に早い。さすがはやぶさ。新青森から東京までたったの3時間10分。

楽しい旅でした。次に乗りたい列車はトワイライトエクスプレス!

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »