« 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(2日目 10/08) | トップページ | 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(最終4日目 10/10) »

2011/10/18

2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(3日目 10/09)

小樽→8:07/JR函館本線/11:13→長万部
長万部→11:30/JR特急北斗8号/12:51→函館
函館→13:56/JR特急スーパー白鳥34号/14:33→木古内
木古内→14:44/JR江差線/15:51→江差
江差→16:16/JR江差線/17:22→木古内
木古内→18:10/JR特急スーパー白鳥27号/18:53→函館


ホテルは朝食付きで予約してあったのだが、キラキラのイクラが乗ったご飯を朝から食べたい…ということで早起きして「味さき」へ向かうことにする。

ホテルをチェックアウトし、ゴロゴロ荷物を引いて20分ほど歩き、目的のお店に到着。市場店というから、もっと市場っぽいところに、いくつもお店があるのかと思ったが、市場見あたらず、お店も2軒だけ。

Pa0_0054ショーウィンドウを眺めていたらお店のオバチャンが「どうぞお入りください~」と声をかけてくる。もちろん入るつもりだったので、素直に従い、席に着く。予定通り巴丼(ウニ・イクラ・ホタテ)を注文する。

Pa0_0006サービスなのか、炙ったイカゲソの小鉢が登場。わーい。そして、巴丼登場。色はよくないけどうまそうな気配。そして甘エビの頭が入った澄まし汁。ウニとイクラは味がついているのでそのまま、ホタテはわさび醤油をかけて食べるように言われる。

まずお汁を一口。おいしい。そして丼。おいしい。いいですねー、海の幸。ウニはドロンとしていた。
食べてる途中でキラキラのイカサシがサービスされる。幸せ。最後の一粒のイクラを食べ終わった瞬間、いいようのない淋しさが押し寄せてきた。ああ終わっちゃった。

そこから駅は遠かった。同じようにゴロゴロを引いて20分。満腹のせいか汗ばんでしまった。
さーて、今日も鉄道旅。

Cimg1709小樽から函館本線に乗って、長万部へ。鈍行列車、2両編成のワンマン運転。混んでいた。座れないかと思ったが、ボックスに2人で座っている箇所を見つけたので、「よろしいですか」と声をかけて座る。よかった。意外と大勢の人が、ニセコで降りて行った。スキーシーズンでもないと思うが、結構観光に来る客がいるのか?

Cimg1726Cimg1728長万部で乗り換えて函館。今度は特急北斗。8両編成。今度はとても空いていたので広々と。そんな中、ワゴンで車内販売が来て、なんかあまりにお客が少なくて気の毒に思ったので(勝手な解釈?)、缶チューハイを買って飲む。休日休日。

Cimg1734車窓からは駒ヶ岳。

Cimg1743函館で約1時間の待ち時間に、また海鮮丼を食べる計画。事前に調べた「うにむらかみ」と「きくよ食堂」のうち、「駅から近い」という理由できくよ食堂に決定。車中で食べログ検索してメニューを熟考。便利だなぁ。三食お好み丼で、ウニ・イカ・カニに決定。

Cimg1744ここは岩のりのお味噌汁。これもいいね。丼ももちろんおいしかった。びっくりするほどまっすぐ3等分されてぎっしり乗せられた具。ご飯は見えない。心が躍る。
具は3つとも好きだけど、イクラがいちばん好きかもしれない。今回も最後のイクラに淋しさを覚えながら完食。

続いて江差線の乗りつぶし。木古内まで特急スーパー白鳥34号。混みそうなので早めにホームに行って正解。自由席はほぼ満員だった。

51vy85fyiel_sl500_aa300_1木古内で急いで乗り換えをしたところ、「日本鉄道旅行地図帳 北海道」をシートポケットに忘れてきてしまった。がーん。気づいたのは江差線に乗って「地図見ようかな」と思ったとき。もういっかと思ったけど、ツレが席番号を覚えていて、「電話しようよ」と言って、JRにかけてくれた。ありがたいことだ。江差線は途中から圏外が多くてちょっと不便だったけど、結果的に地図は見つかって、翌日の新青森で受け取ることに決定(それって、北海道旅行終わってるけど、しょうがない…)。

Cimg1762Cimg1766終点江差に到着。何もない小さな駅。海が見える。端っこ。江差追分の町らしい。

Cimg1767


Cimg1780同じ列車(2両編成ワンマン)で木古内に戻る。木古内での待ち時間、外に出てみたところ、「急行食堂」というのが目に入った。やきそば弁当が名物らしい。なんだろう。残念ながら今回はここで食べる時間は取れない。

木古内から特急に乗り函館に到着。

ホテルにチェックイン。暖かい装備をして、夜景見物へ。路面電車に乗ろうと歩いている途中で、携帯電話をホテルに忘れたことに気づいた。ないとやっぱり不安。取りに戻った時間を取り戻すべく、タクシー移動に変更。

タクシーの運転手さんが「これから夜景ですか?今日は90万ドルぐらい見えると思いますよ」とのこと。「それって良い意味ですよね?」と一応確認すると「もちろん。100万ドルみたいなのは、とても寒い1月や2月じゃないと見えませんから」って。よかったよかった。

今回はゆっくり夜景を堪能しようと、ディナーを予約していた。そうでないと窓際席の予約は受け付けないということだったので。

Cimg1804夜景を満喫しやすいように薄暗い照明のレストランで洋食のコースをいただく。贅沢な気分。ポタージュスープが美味かったなぁ。夜景はかなりきれいだけど、やはりガラス越しだと映り込みが邪魔。ガラスが手垢みたいなので汚れているし。

Cimg1822_2


食べ終わって展望台に。ああ、やっぱりとってもきれいだ。テンション上がるーーー。函館の夜景は海の黒さと陸のキラキラのコントラストがあるから美しいのだなとしみじみ思った。ここにパチンコ屋の派手なネオンサインとかあったらとってもイヤだけど、ない。条例で禁止とかしてるのかしら。

寒いかと思ったらそうでもなかった。フリース要らなかった。

ホテルに戻って天然温泉展望浴場へ。カランがちょうど満員になるぐらいの混雑。特に問題なくだらーっと浸かって終了。風呂上がりは缶ビール。満腹で酔う余裕がない。

テレビで所さんの世田谷ベースの番組をやっていて、「なんというゆるい番組だろう」と思いながら眺めていたが、すぐに睡魔に負けて沈没。

|

« 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(2日目 10/08) | トップページ | 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(最終4日目 10/10) »

コメント

「90万ドルくらい」きれいだなあ。私もイクラが好き!でも朝昼続けてはスゴイ・・・いろいろご馳走さまでした。

投稿: Yacchio | 2011/10/29 14:17

イクラ、どんだけ食べたんだろう、って感じです。なんか腹回りについたような…。重いよ…。

投稿: MOCHA | 2011/11/23 22:57

まだ4日目を書いていないのです。ああ。困ったな。

投稿: MOCHA | 2011/11/23 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(2日目 10/08) | トップページ | 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(最終4日目 10/10) »