« 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(1日目 10/07) | トップページ | 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(3日目 10/09) »

2011/10/12

2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(2日目 10/08)

2011/10/8 240.2km

札幌→12:00/JR特急スーパーカムイ17号/12:23→岩見沢
岩見沢→12:52/JR室蘭本線/14:07→沼ノ端
沼ノ端→14:24/JR特急すずらん5号/15:06→札幌
さっぽろ→15:24/札幌市営南北線/15:42→真駒内
真駒内→15:50/札幌市営南北線/16:08→さっぽろ
札幌→16:44/JR快速エアポート161号/17:16→小樽
小樽泊


Cimg1630Cimg1629寝台特急「北斗星」は、25分ほど遅れて札幌に到着。スーパーカムイに乗り継ぐまであと20分。札幌駅のコインロッカーに荷物を預ける計画なので、のんびりできない。

列車の撮影を手短にすませて最寄りのエスカレータで下っていると、誰かが追いかけてくる気配。え?と思ったら裏地さん@札幌在住。事前にともみさん(裏地さんの奥様)とやりとりして、今回はお会いするのは無理だなぁと思ってあきらめていたのだが。びっくりしたーーー。

エスカレータの途中と駅構内で、大急ぎで挨拶をして、なにやらいただきものをして、きちんとお礼も言えずにお別れしてしまった。申し訳ないー。ありがとー。

Pa0_0040Pa0_0041無事にコインロッカーに荷物を突っ込んで、函館本線の旭川方面のホームへ。ちゃんと乗り継げた。よかった。いただいた保冷袋の中身を確認したところ、ビールとパン。それに、北海道のポケット時刻表、札幌と小樽のパンフレット。いいねー。

Cimg1635Cimg1639あっと言う間に岩見沢に到着。ちょっと時間があったので、外に出てみる。やたらに立派な駅舎と駅前広場。

Cimg1640Cimg1643そして室蘭本線に乗って、苫小牧方面に。乗りつぶしですから。ここはほとんど爆睡。

Cimg1648Cimg1645苫小牧の一個手前の沼ノ端駅で乗り換え。ここも無人駅なのにすごくきれいだ。JR北海道って、お金持ち?しかしトンネル火災とかあったことを思い起こさせるお詫び張り紙。たいへんでしょうね。

Cimg1651さて、二度目の千歳線。特筆することもなく札幌に到着。

Cimg1654_2Cimg1653次は札幌市営地下鉄。これに乗らないと盗れない国があるので。ドニチカきっぷを購入して、ついでに端から端まで乗りつぶし。

さて、札幌に戻ってCimg1664きた。コインロッカーから荷物を出して、次の乗車に備える。次は快速エアポートということで、千歳空港からくる列車に乗って小樽に向かう。スーツケース置き場があるのが、エアポートっぽい。早速活用。

Pa0_0010Cimg1670_2指定席券に従って座っていたところ、検札に来た車掌さんが「手稲過ぎたらもう乗って来ないと思いますんで、どうぞ右側に移ってください。海見えますから。」とのこと。なんて親切なのだ。うれしい。お言葉に従って、海沿いを堪能しながら、小樽に到着。

Cimg1676車体に飾られた、よくわからない「キュンちゃん」。かぶりものがイカだったりシカだったりする。

結局夕食の場所はまだ決めていない。寿司を食べたい。あと小樽ビール。

Cimg1696Cimg1701ホテルにチェックインして、まず小樽ビールの醸造所見学。無料で20分間。まぁ小樽ビールの宣伝ですな。ビールの試飲はないが、麦汁の試飲があった。何かに似た味だと思ったら「ヤクルトさんがミロとして販売しています」とのこと。なるほどー。あと、小樽ビールはびっくりドンキーと同じ経営者だそうだ。びっくり。

「後ほど小樽ビールを飲むぞ」と決めて、まずはお寿司屋へ。マイミクのみなさんからおすすめいただいた店+自分で食べログなどで見つけた店+ツレがなにやら見つけた店の中から絞った候補。近辺まで行って、店構えなど見ながら、自分の直感で「これ」と思う店に入った。「すぐ片づけますからちょっとだけお待ちください」と言われ、カウンターへ。

握 群来膳

Pa0_0043

海水ウニ
Pa0_0044_3


お刺身盛り合わせ
Pa0_0045


白子ポン酢
Pa0_0047


スルメイカ
Pa0_0048


焼穴子

小肌握り
サンマ握り
イクラ軍艦巻き

そして…
Pa0_0049トロ!

アルコールは最初ビールで、白子ポン酢あたりから日本酒へ。

しめて二人で18000円。もっとかかったかと思った。とってもおいしかった。満足。

あらかた満腹だったけど、当初予定通り小樽ビールへ。ドンケル、ヴァイス、フェストを分担して順繰りに頼んで、味見。ドイツっぽい味わい。満腹すぎて、堪能するにはコンディション悪し。

短時間で切り上げて宿に戻る。夜はさすがに寒い。
部屋で湯船に浸かってのんびり。

ああ、そうそう。ここの宿は部屋が広くていいぞ、と思ったけど、いくつか使いにくい点あり。もしかして昔はラブホでしょうか。
例えば、カバンを置く台がない。湯船の脇に巨大なミラーがある。シャンプー類が洗面台の上にあって、シャワーから手が届かない。など。

風呂に入ったら急激に眠くなったので、満腹のまま睡眠へ。

|

« 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(1日目 10/07) | トップページ | 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(3日目 10/09) »

コメント

何だかオトナシイ・・・ひとりじゃないので無茶ができない(?)ようですなあ。「海見えますから」って嬉しいね。。。

投稿: Y | 2011/10/29 14:06

オトナシイかな?そう?
スケジュールが厳しくて無茶する暇がなかったです。ただただひたすら乗るばかり(笑)。

投稿: MOCHA | 2011/11/23 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(1日目 10/07) | トップページ | 2011秋・北斗星とはやぶさの旅2,863.8km(3日目 10/09) »