« 2009年9月 | トップページ | 2011年3月 »

2009/10/18

2009/10/08(木)~12(月) JR四国完乗+国盗りの旅 まとめ

JR四国にはバースデイきっぷという素晴らしいものがある。

>誕生月の連続する3日間、JR四国全線が乗り降り自由。特急列車のグリーン車がご利用できます。

これでたったの1万円。めちゃめちゃ安い。
近年鉄道好きになったあとで、どこかでこの切符の存在を知り、誕生月の10月はそれを使って旅行だ!と決めていた。幸い3連休があったので、そこに絡めてサンライズ瀬戸の個室を取って…と段取っていたのだが、やはり連休前夜のサンライズ瀬戸は取れず。前々夜出発となる。会社は一日お休み。

今回の目標は、ふたつ。
 JR四国完全乗車
 「ケータイ国盗り合戦」で四国の全部の国を盗る

車中1泊+現地3泊の長旅となりました。

1日目 サンライズ瀬戸
2日目 ごめん・なはり線、中村(四万十川下流)
3日目 予讃線と瀬戸内海、道後温泉
4日目 土讃線と吉野川
5日目 JR四国完乗、うず潮観光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009JR四国完乗+国盗りの旅(5日目 10/12(月))

徳島→10:00/JR鳴門線/10:35→鳴門
鳴門駅前→10:57/淡路交通バス/11:15→淡路南IC
淡路南IC→11:30/淡路交通バス/11:35→鳴門公園口
亀浦観光港→12:15/水中観潮船アクアエディ/12:40→亀浦観光港
 ※10/12満潮は12:30
鳴門公園前→14:21/徳島バス/14:55→徳島空港口
徳島空港→<16:35>/日本航空1440便/<17:45>→東京国際空港


◆眉山ロープウェイからの吉野川
Cimg9962 Cimg9970 JR四国完乗の前に徳島でひと遊び。眉山ロープウェイに乗って、高いところから徳島市と吉野側の眺望を楽しむ。天気がよくて良かった。

◆JR四国完乗
Cimg9998 鳴門線に乗って、JR四国完乗達成。35分350円。バースディきっぷ期限切れのため。

◆南海探題(ケータイ国盗り)
Cimg0015 Cimg0018 バスに乗って、「大鳴門橋」を渡り、淡路島に上陸。国盗りの「洲本」盗りに成功。これで南海道全部制覇だ。

◆渦潮観光
Cimg0038 Cimg0041 Cimg0045 Cimg0049 渦潮がピークになる満潮時刻(この日は12時半)に合わせて、水中観潮船アクアエディという、渦潮の水中の様子が見えるという船に乗る。うーむ。洗濯機の中を横から見ている気分。

Cimg0053 Cimg0051 Cimg0054 やっぱり上から見たい!と思ったら、案内があって、途中からは上から観光。わたしが想像していたよりも渦潮は小さくたくさんあるもので、出たり消えたりを繰り返していた。おもしろい!

「渦潮すげー」とか思ってずっと楽しんでいたが、「別の船で落水事故があったため、捜索します」と突然のアナウンス。
最初、「落水ってなに?」って感じでしたが、様子から察するに人が海に落ちたに違いない。
呆然としてから動揺。結局わたしの乗った船は5分遅延ぐらいで港に戻り、お客を降ろして、次のお客は載せずにまた海に出て行った。その後どうなったのか不明。どうか無事でありますように。

◆渦の道
Cimg0071 Cimg0080 Cimg0091 歩いて渦潮観光が出来る場所もあると言うので、行ってみる。ただ、ピーク時刻を過ぎているので、そんなには面白くない。近隣のみやげ物屋でそれらしき和菓子を買って食べる。名物のサツマイモを渦状にしたもの。素朴な味で満足。

◆飛行機
前日になにやら小さな飛行機の事故があった徳島空港。この日は無事。空港で徳島ラーメンを食べて搭乗。あっという間に羽田に到着。便利だけどあっけないなぁ。旅が終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009JR四国完乗+国盗りの旅(4日目 10/11(日))

松山→9:16/JR特急しおかぜ12号(グリーン)/11:30→宇多津
宇多津→11:44/JR特急南風7号(グリーン)/13:33→後免
後免→14:23/JR特急南風18号(グリーン)/15:23→阿波池田
阿波池田→15:40/JR徳島線/17:18→徳島


暑い。快晴だ。

◆チェックアウト~松山駅
Cimg9794 ホテルの大浴場に再度入る。やっぱり脱衣所が狭苦しくて居心地悪し。お風呂は普通。さっと浸かって部屋に戻る。
荷造りして朝食。普通の和定食。狭いレストランなのに時刻予約しないから、あとから小さい子連れの家族が何組か来て、さばき切れず混乱。逃げるように食べ終わって部屋に戻る。

Cimg9799 チェックアウトし、道後温泉本館の朝の様子を外から眺めてから駅に。坊ちゃん列車という特殊な路面電車、興味はあったけど、時刻が合わないのでパス。

Cimg9804 Cimg9805 Cimg9807Cimg9814 最新型っぽい路面電車のいちばん前の席に陣取り、堪能。無事にJR松山駅に到着。

◆坊ちゃん弁当と特急しおかぜ(松山→宇多津)
Cimg9820 松山駅で「坊ちゃん弁当」を購入して特急に乗車。お昼に食べる予定。これまで駅弁は、買ったらすぐ食べるもの、食べる少し前に買うもの、と思っていたが、最近の旅で、買いたいときに買えない(その駅では販売してない)という経験を何度かしたので、早めに買うことにした。 結構荷物になるけど、しょうがない。

Cimg9822Cimg9843 Cimg9846 この特急はしおかぜ(岡山行き)といしづち(高松行き)の連結。グリーンと指定席だけは床もシートも木で出来ていて、なかなか高級感あり。JR四国もがんばってるな。

Cimg9856 Cimg9858 宇多津(うたづ)で下車。切り離しを見物。これで外周を終了。あとは内陸を攻める。

◆土讃線(宇多津→後免)
Cimg9871 Cimg9873 Cimg9874 土讃線にて南下。また特急南風。南風以外にも特急はあるのに、なぜか南風。しかもアンパンマン列車。

Cimg9889 Cimg9896 途中で大歩危・小歩危を通る。まずは左に小歩危渓谷、途中から右に大歩危渓谷。意外と満席だった&デッキを占領するアベックがいたので、両方は堪能できず。まぁよしとする。

Cimg9909 折り返すため後免駅で下車。昨日買わなかった「ごめん・なはり線」の全キャラクター(どれもヘン)が載ったタオル(500円)を、話のネタに買おうと思っていたが、後免駅では何も売ってなかった。ショック(笑)。

◆土讃線・徳島線(後免→阿波池田→徳島)
Cimg9929 Cimg9939 Cimg9944 折り返して乗るのはまたまた特急南風。阿波池田まで行って徳島線に乗換え。これは2両編成の鈍行。吉野川沿いを走っていていい風景。JR四国、いいです!(って思ったのに、吉野川の写真が一枚もないのはなぜ?)

◆徳島の夕食
Cimg9983 徳島に到着。今日は宿に食事はついてないので、ネットで検索して、阿波尾鶏(あわおどり)という地元の鶏を食べさせる店に行くことにする。酔った勢いで食べる予定の徳島ラーメンも検索。準備万端で出かける。予定通り両方食べて、いずれもかなり満足。やっぱりメニューを見て自分で選択するのがいい。

◆徳島のホテル
Cimg9986 すばらしき列車ビューのホテル。転車台もあり(動いてなかったけど)。かなり幸せ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009JR四国完乗+国盗りの旅(3日目 10/10(土))

中村→9:25/JR特急南風12号(グリーン)/10:02→窪川
窪川→10:04/JR予土線/12:11→宇和島
宇和島→12:55/JR特急しおかぜ22号(グリーン)/14:15→松山
松山→14:27/JR特急しおかぜ9号(グリーン)/15:02→伊予大洲
伊予大洲→15:34/JR予讃線/17:10→松山


Cimg9621 Cimg9622 曇り。まずは朝風呂。幸せー。散歩に出て、昨日バスの運転手さんが教えてくれた四万十川の最下流を再度確認。雑木林や公園の遊具があって、眺望はイマイチかな。
朝食を食べてバスに乗って出発。

Cimg9635 中村駅から特急南風。車内検札で指定席券を見せたら「窪川で予土線に乗り継ぎされますか」と聞かれる。「はい」と答えたところ、「2分しかないのでお気をつけください」とのこと。

◆窪川駅
みどりの窓口のお姉さんは「小さな駅ですから1分あれば余裕です」と言っていたが、いざ着いてみたら階段の上り下りがあるじゃないか!2分でもきついわい。さっきの車掌さんが予土線の運転士さんに向かって、乗り継ぎする人数を叫んで伝えていた。急いで歩いてたら「大丈夫ですよ」と声をかけてくれた。ちゃんと待っててくれるらしい。予土線は日に数本しかないから、逃したらたいへん。

◆予土線(窪川→宇和島)
Cimg9651 Cimg9646 一両編成のワンマン。全席ベンチシート。窓ガラスが汚れている。四万十川はどっちに見えるんだ?と考えながら右側に陣取り、まぁまぁ正解。ときどき左に川が移ったりしてたが。途中で観光用のトロッコ列車とすれ違う。気持ちよさそうー。

◆宇和島駅
Cimg9658 Cimg9666 ビールとじゃこ天とちくわを購入。鯛めしの駅弁に期待していたが駅弁はまったく売られていなかった。駅前にいたネコとしばしたわむれ。

◆特急しおかぜ(宇和島→伊予市→伊予大洲→伊予市→松山)
Cimg9674 Cimg9680 Cimg9678 とうとうアンパンマン列車に当たってしまった。車体はもちろんのこと、一部座席シートがアンパンマン柄。車内放送はアンパンマンの声(挨拶だけだけど)。発車ベルも、車内放送始まりの音楽もアンパンマンのメロディだ。
でも、喜んで乗ってる風のコドモは見当たらず。もったいない。あとで気づいたが車内検札で押すスタンプもアンパンマン柄だった。徹底している。

グリーン座席はきわめて快適。ビール350mlで快眠。国盗りは忘れずに。

Cimg9687 Cimg9701 目を覚ますとすでに内子駅。10分遅延しているという車内アナウンス。そりゃいかん、と思って、折り返し駅を変更。内子経由と伊予長浜経由の両方乗る必要があるため。当初予定は松山駅折り返しだったが伊予市駅折り返しにする。伊予市で折り返して再度内子経由で伊予大洲まで戻る。

Cimg9720 Cimg9724 Cimg9737 Cimg9742 いよいよ次は伊予長浜経由だ。内子経由はトンネルが多いルートを特急がびゅんびゅん飛ばすのに対して、伊予長浜経由は海沿いの絶景を鈍行で走る。1両ワンマン。全ベンチシート。かなりいい感じ。

◆松山駅
Cimg9760 Cimg9765 ここもかなり大きな駅。路面電車に乗り換えて道後温泉へと向かう。ホテルにチェックイン。道後温泉本館に行ってから夕食にしたいと告げ、20時夕食にしてもらう。

Cimg9775 道後温泉本館はお風呂の種類(霊の湯と神の湯)と休憩室のグレードによって、4つの選択肢あり。ホテルフロント女性にお勧めを聞いたら「霊の湯二階席」とのこと。それを購入しようとしたが、なんと霊の湯も神の湯も女湯は満員で販売停止してると言う。がーん。20分ほど待てばまた売り出すというので、近くの店で一六タルトの品選びなどしてるうち神の湯なら売り出し再開と聞こえたので、「神の湯二階席」に入ることにする。

◆道後温泉でのいろいろ
Cimg9776 Cimg9778 すごく手馴れた感じでおばちゃんたちが案内してくれるが、勝手がわからないままでなんか不安。まず畳の休憩所に通され、とにかく浴衣持ってあの階段下りろ、みたいな感じ。ちょっとなぁ。お風呂は恐れていたほど混んでなくて、待たずにカラン使えて、軽く洗って、まったりお湯に浸かって終了。シャンプーとかするような場所じゃなかろうと思うのだが、すべてじっくりと洗ってる人もいる。

さっきの畳の休憩所に戻るとお茶と煎餅が出て、ひとやすみ。「又新殿(ゆうしんでん)」という、天皇陛下が使われたお風呂の見学が出来るらしいから行ってみようと思い立つ。

MO「又新殿の見学をしたいんですがどうしたらいいですか?」
係「ご案内いたします。少々お待ちください。」
・・・(3分ほど待たされる)
MO「荷物ここに置いたままでいいですか。」
係「ええ。じゃ、チケットを。」
MO「え?チケット?見学のですか?持ってません」
係「持ってないんですか!?」 ←非難がましい口調
MO「持ってません。」
係「お持ちなんだと思いました。入口で買うんですよ。」←非難がましい口調
MO「それならいいです。出直しますから。」
係「いえ、いいですよ。」←非難がましい口調
MO「え?」 ← 彼女が何を言いたいのかわからない
係「買ってきますから。250円です。」
MO「じゃあお願いします」 ←最初からそういえよと思いながらお金を渡す
・・・
チケットを買って戻ってきた彼女、無愛想に又新殿のそばまで連れて行き、「ご案内お願いしまーす」と叫んで戻って行く。なんなんだよ。こういうわかりにくいシステムは嫌い!

Cimg9787 気を取り直して又新殿の見学。ここはちゃんとした説明の人がいて面白かった。好印象。大正天皇は1度、昭和天皇は2度(皇太子時代1度を含む)、お浸かりになったとのこと。写真撮影禁止とのこと。ちぇ。外からの写真を一枚掲載。

坊ちゃんの間も見物。説明文を何度も読んだが、夏目漱石と松江の関係はわかったし、道後温泉に来たことがあるのもわかったけど、「この部屋」とのゆかりは解読できず。まぁいいか。

◆ホテルの夕食など
ホテルに戻って食事。温泉旅館風な地元食材を生かした素敵な食事を期待していたのだが、だいぶ違った。狭いレストランで、固形燃料の豚しゃぶ、冷たい肉じゃがなど。

Cimg9791 最後に鯛めしが出るというのでとても楽しみにしていたが、出てきたのは、白いゴハン+鯛の刺身+薬味+生卵&だし汁。えーーーーーーーーーー。
食べ方を説明してくれた人に「鯛めしってこういうものですか?」と質問してみたところ、「当店では南方の鯛めしを採用しております。東方では炊き込みご飯です。」という回答。そうなのか。心底がっかり。なぜならばわたしは炊き込みご飯が大好きで、卵かけごはんが苦手なのだ。しくしくしくしく。食べましたけどね。炊き込みご飯への期待大だっただけに、がっかり度も大。

食事後に宿の大浴場へ。脱衣所が狭くて雑然としている。手早く脱いでお湯へ。ふー。なんか疲れる。

部屋に帰ってビールを飲もうとしたら、コップが臭い。もうこの宿には泊まらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009JR四国完乗+国盗りの旅(2日目 10/09(金))

高松→8:23/JR特急うずしお3号(指定席)/9:34→徳島
徳島→9:51/JR特急むろと1号(指定席)/10:59→牟岐
牟岐→11:04/JR牟岐線/11:20→海部
海部→11:29/阿佐海岸鉄道/11:40→甲浦
甲浦駅→11:49/バス/13:37→奈半利駅
奈半利→14:01/土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線快速/15:18→高知
高知→15:44/JR特急南風11号(グリーン)/17:26→中村


◆岡山駅
朝、岡山に到着する10分ほど前から車内アナウンスが再開する。目を覚ましてトイレに行ったらやはり満室。そうだよなぁ。ちっ。
サンライズ瀬戸はサンライズ出雲と連結して走っている。これを岡山駅で切り離す。見物しにホームに出るが、瀬戸の発車=切り離しなので、見ることはできないのだった。残念。

◆瀬戸大橋
Cimg9488 そしていよいよ待望の瀬戸大橋だ!トラスがジャマだというのは事前に聞いていたが、確かにね。写真は無理、とあきらめて、肉眼で堪能。小さな島々が点在している風景が、なにか心を打つ。いいですねぇ。

◆高松駅
Cimg9502Cimg9503 Cimg9505 そうこうするうちに高松に到着。朝の7時半。短い旅だった。また乗りたい。
この駅は乗り場も多いし、駅舎も大きい。驚き。
外に出てうどん屋を求めて散策。小さい大衆食堂みたいなところに「うどん」の表示を見つけて入ってみた。暖かいお湯に入っていて、汁につけて食べるものを選んだ。名前忘れた。麺が細くてしっかりしていて、おいしかった。うー。嬉しい。

◆バースデイきっぷ
さて、四国の旅、本格的にスタート。JR四国のバースデイきっぷ、3日間特急グリーンまで乗り放題で1万円ポッキリ。というわけで、列車は出来る限りグリーン席。

◆特急うずしお、むろとなど(高松→奈半利)
Cimg9511 Cimg9526 四国の外周をまず時計めぐりで回る。最初の特急は高徳線で「うずしお」。2両編成でグリーンなし。いきなりちょっぴりがっかり。次の特急は牟岐線で「むろと」。これも2両編成でグリーンなし。

Cimg9529 途中、最近NHK朝の連ドラ「ウェルかめ」の街を通る。

Cimg9539 牟岐(むぎ)経由して海部(かいふ)まで。そこで安佐海岸鉄道に乗り換えて甲浦(かんのうら)へ。JR完乗だけなら乗らなくていい区間だけど、国盗りしたい&逆戻りが嫌いなので、甲浦からバスに乗って奈半利(なはり)に移動。これが長かったー。バス疲れるし。

◆土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線(奈半利→後免→高知)
Cimg9555 Cimg9562 この線、よく耳にする気がするけど、どうしてだろう?
やなせたかしデザインのキャラクターが各駅に設定されているが、どれもちょっとヘン。これで人気出るんだろうか?と疑問。ファンの方ごめんなさい。直通でJR土讃線に入り、高知へ。

◆高知駅
Cimg9570 ここは乗り場多くないわりに、やたらに駅舎が立派。意味不明。

◆特急南風(高知→中村)
Cimg9573 Cimg9583 南風は「なんぷう」と読む。何両あったか忘れたが、数両あって、グリーン席もあり。快適。JR土讃線から土佐くろしお鉄道中村線に入る。地図を見ると、途中でループになっている箇所があるはずだが、気をつけていてもわからなかった。トンネルの中だったみたい。残念。

◆宿
Cimg9588 中村駅からバスで宿に向かう。結構丘を登って行く。運転手さんが「ここが四万十川が海に流れ込むところですよ」と言って、車を停めて見せてくれる。夕暮れの薄暗がりでいまひとつよくわからなかったが、ほほーと感心して眺める。「日本最後の清流」として有名な川だ。

いい感じの宿。まずお風呂へ。お風呂は三つ、海水を温めたもの、薬草を入れたもの、温泉。海水だと浮かびやすいことを確認してひとり喜ぶ(誰も見てませんでした)。

部屋に戻る途中にバーがあったので、生ビールを飲む。つまみにミックスナッツと柿ピーとさきイカの盛り合わせを出された。うっかり途中まで食べてしまうが「これから夕食なんで、これ部屋に持っていってもいいですか」と頼んでみたところ「いいですよ。それじゃちょっと足しますね」だって。最初は「いいです、そんな」と固辞したものの、「何が好きですか?」と聞かれて反射的に「マメ」と答えてしまう。あーーー。お兄さんありがとう。

Cimg9600 生ビール済みなので食事の際はいきなり日本酒から。料理は土佐の皿鉢料理とやら。最初から山ほどでてくるものらしい。カツオのタタキが特においしかった。えびマヨとかはちょっとボリューム過多だし、特産でもないのでパス。ペース配分考えて食べたけど、どう見ても多すぎ。たくさん残してしまった。

食事中にちょっと身体が冷えたので、再度お風呂に入って、あったまる。
部屋に帰ってmixiのコメント返しなどしているうち爆睡。朝の4時ごろ起きてなぜかビールを飲みながら、コメント返しの続き。休暇は楽しいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009JR四国完乗+国盗りの旅(1日目 10/08(木))

東京→22:00/JR寝台特急サンライズ瀬戸(個AシングルDX)/7:27→高松


大型の台風18号が来ていた。前日(7日)はサンライズ瀬戸は上り下りとも運休。でもこれで「車両がなくて出発できない」は回避できたらしい。

22時東京駅発なので、普通に会社に行って仕事のつもりだったが、前日深夜残業+当日朝台風で交通機関が乱れているのがイヤで、結局昼頃出社。
せっせと仕事をするが、心はどこか休みモード。偉い人とのミーティングが直前キャンセルになったりして、さらに開放感増大(こら)。

20時ごろ会社を出るつもりが、「ちょっとこれだけ」と思っているうちに21時を回る。さすがにやばい。急いで東京駅へ。

Cimg9467 東京駅で食べ物・飲み物を調達して東海道線ホームへ。程なくして、ゆっくり悠々とサンライズ瀬戸が入線してくる。なんかすごく嬉しくて鼓動が早くなる。嬉しすぎて写真は失敗。

Cimg9471Cimg9485 早速個室に荷物を入れて、もう一度車外の写真撮影。ぎりぎりに中に戻り、発車と同時にビールを開けて乾杯。さぁ旅の始まりだー。

Cimg9483寝る前にシャワー。6分間だけお湯が出る。6分で足りるか最初は不安だったが実は余裕。3分でもいけるかも。シマシマの浴衣を着て就寝。ゆらゆら揺れるけど問題なし。

岡山までの国盗りは過去にほとんど済んでいるが、2個だけ盗りこぼしがあるため、3時から30分間隔に携帯のアラートを掛けて寝る。寝ぼけまなこで「近江国・高島」を盗った。嬉しい。「淡路国・洲本」は寝過ごした。最終日に盗れるはずだから、よしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009紀伊半島国盗りの旅(3日目・最終日 9/22(火)) たま電車、巨大アヒル、パンダシート

(当初予定)
和歌山→7:30/わかやま電鉄貴志川線/8:03→貴志 たま電車
[たま駅長に会う@貴志駅]
貴志→9:19/わかやま電鉄貴志川線/9:52→和歌山 いちご電車

(修正後)
[たま電車見物@和歌山駅]
和歌山→7:44/JR阪和線快速/8:49→天王寺→8:56/大阪市営谷町線/9:05→天満橋
天満橋→9:30/大阪市営谷町線/9:39→天王寺→9:49/JR特急くろしお7号/10:33→和歌山
[おもちゃ電車見物@和歌山駅]

(以下予定通り)
和歌山→10:50/JR和歌山線/13:03→高田
高田→13:07/JR和歌山線快速/13:23→王寺
王寺→13:35/JR関西本線(大和路快速)/14:08→加茂
加茂→14:11/JR関西本線/15:06→柘植
柘植→15:31/JR草津線/15:39→甲賀
甲賀→15:55/JR草津線/16:04→柘植
柘植→16:07/JR関西本線/16:31→亀山
亀山→16:37/JR関西本線/17:55→名古屋
名古屋→18:10/JR新幹線のぞみ132号/19:34→新横浜


昨晩マイミクにしやすのmixi日記で見た、どでかいアヒルが気になって気になって、夜のうちに時刻表検索をし、修正プランを立てた。一晩寝て起きて、気持ちに変化がないことを確認して、どでかアヒルに行くことに決定。昨日購入した「和歌山電鉄貴志川線」の一日乗車券、もったいなかったかなと一瞬思ったけど、自由に出入りできるからいいことにする。

Cimg9220_2 Cimg9221 Cimg9225 Cimg9227 Cimg9233 で、まずは和歌山駅で「たま電車」見物。うわーーーーーー。テレビで見た通りというか、それよりも楽しい。ねこだらけ。イラストだけでなく、シートも日よけも何もかもネコ。観光以外の乗客のおじさんや学生がちょっと迷惑そうにしてるけど、車両の外も中も写真を撮らせてもらう。満足。

たま電車を見送って、自分は紀勢本線、地下鉄谷町線と乗り継いで、天満橋へ。何番出口から出るのかわからなかったけど、水のある方にとりあえず向かって行ったら…

Cimg9245_3 「いた!でか!」すごいー。こういう遊び心っていいなぁ。

じーっと見て味わい、写真を撮り、堪能したな、と思った頃、自分撮り写真をしている自転車青年と目が合った。

青年「すみません。シャッター押してもらえますか。」
MOCHA「いいですよ」
青年「で、あの、すみません…。アヒルと自分がキスしてるみたいに撮りたいんですけど、お願いできますか。」
MOCHA「いいですよ(笑)」

段差が出来たり隙間が出来たりくっつきすぎたり、と、なかなか上手に撮れず、撮りなおすこと4回。やっとお互いが満足の行く出来になり、「気をつけて!」と笑顔でお別れしました。いろんな人がいるなぁ。楽しかった。

Cimg9252 時間もなくなってきたので和歌山に向けて戻る。天王寺から贅沢に特急。昨日乗らなかった「特急くろしお」。もしやと思ったら、ありました、パンダシート!

Cimg9262 指定席車両4号車の端っこ、16番の1列がパンダシート(4つ)、15番の1列(4つ)は空席になってる仕組み。譲り合って撮ってね、ということだが、意外なほど誰も撮ってない。なんでー!?おかげで存分に撮れました。大人が座ると頭がパンダの頭部にぶつかってしまうこともわかりました。

Cimg9275 Cimg9269 和歌山に戻って、再び和歌山鉄道貴志川線で今度は「おもちゃ電車」見物。これも楽しいけど、たま電車にはかなわないかな。

ということで、どでかアヒルに心を奪われて、貴志駅にいる人気駅長「たま」に会えませんでした。たまごめん。

Cimg9276 Cimg9297 さて本来の計画に戻り、和歌山線と関西本線。JR乗りつぶし計画の一環。それと国盗り。和歌山線は結構ローカルだろうと予想の上で乗ったけど、関西本線は予想を遥かに上回るローカルぶり。1~2両編成だし、ホームにぺんぺん草が生えてるし。おどろき。
意外だったのはチョイ乗りした草津線。4両編成だし、駅はきれいだし。不思議。東西に走る電車は私鉄に負けてるけど南北はJRが強いのか?

王寺で乗り換えたとき、外国人女性二人連れが「これは京都に行きますか」と英語で質問している。聞かれた兄ちゃんは「乗り換えないとだめ」と説明してるが、英語があまりできない。彼女らは今度はわたしのところに聞きに来た。わたしは英語はちょこっと出来るけど、どう乗り換えたら京都に行けるかを知らない。誰かに教えてもらおうと思ったら、すぐそばに座っていた中年男性、「2駅先の木津で乗り換えればいいです」ということをすらすらと英語で説明。お見事でした。

以前はわたしは外国人がいると「どうか道を聞かれませんように」と念じたものだが、いまは「どうぞ聞いて」と思う。仕事でインド人と会話してたおかげ。でも道そのものが大概わからないのが難点。

Cimg9317 今日は駅弁を食べるような列車に乗らず、パンダパン(チョコ+クリームの2色パン)、つまみ用のお菓子、KIOSKのオニギリなどで食いつなぎ、空腹をしのいだ。温かい駅そば食べたいー。と何度も思った。

ようやく名古屋に到着し(長かったー)、新幹線ホームに到着後、きしめん屋探し。あったあった。5分で食べて乗り込みました。満足!

N700系に乗ったので、携帯電話を充電。コンセントがあるととても安心。

Cimg9316 この日関西本線で通りがかった加太駅。これは「かぶと」と読みます。難しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009紀伊半島国盗りの旅(2日目 9/21(月)) モー太郎弁当は強烈

松阪→10:17/JR特急ワイドビュー南紀81号/12:29→新宮
新宮→13:03/JR特急オーシャンアロー22号/15:46→和歌山
和歌山→16:12/JR紀勢本線/16:19→和歌山市
和歌山市→16:40/南海線/17:03→加太
加太→17:08/南海加太線/17:32→和歌山市
和歌山市→17:52/JR紀勢本線/17:58→和歌山


Cimg9136 朝食は松阪の牛を使った駅弁。蓋が牛の顔のデザインの「モー太郎弁当」。これはちょっとシュールではないか?でも旨かった。許せないのは、蓋を開けるとオルゴールで「ふるさと」のメロディが流れること。大慌てで暗所にしまったが、そんな苦労をなぜ列車の車内でしないとならないのか。理解に苦しむ。

Cimg9175昼食は新宮名物めはり寿司。目を見張るほど旨いとか、あまりのでかさに目を大きくするほど口を開けたとか諸説あるけど、まぁ「来たら食べねば」という類の食べ物。

 

Cimg9166 パンダシートのついた列車に乗れたらいいなとなんとなく思ってたけど、準備不足。どうやら「くろしお号」にはあるけど「オーシャンアロー号」にはないらしい。新宮駅で隣ホームに停まってたくろしおを窓越しに撮影したパンダたち。

Cimg9168 それにしても今日はひたすら列車だ。紀勢本線は全通50周年とのことだが、特にお祭り色もなく、ひたむきなディーゼル音とともに山の上り下りをしている。なんだかけなげ。好きですね。海も見えるし。

と言っても白浜以降は以前国盗りが済んでるしヒマ。海を眺めてたけど睡魔に負けて寝る。

Cimg9186 和歌山駅で改札を出て、ホテルに荷物を預ける。このあとは「加太」国盗りで南海加太線に乗るためまずは和歌山市駅までJRに乗る。Suica使えるかも!と試したら改札を通れたのでご満悦。しかし和歌山市駅の乗換えで、SuicaはおろかICOCAもダメなことを知る。連絡表をもらって、未払いのまま乗り換え(汗)。南海加太線往復、いい感じのローカル列車。同じルートで和歌山駅まで戻り、未払い分を現金で払って、Suicaの入場取り消ししてすっきり。夕食はネットで見つけたお店で食べたカニ。おいしくていい感じのお店。満足。

Cimg9210 Cimg9212 帰り道で見かけた気になる喫茶店。自動ドアですか。ホントに?(ぜったい違う)

Cimg9201 加太は「かだ」と読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2011年3月 »